11月8日(水)  ドルチェナ『ダンディ パンプキン グレート』

画像

ディズニー『ナイトメア ビフォア クリスマス』のジャック仕様のドルチェナ
首元のコウモリも手の白いペインティングもジャックになりきっちゃってます。ジャックのお面と幽霊犬ゼロのバッグは付属品。贅沢いえばゼロの鼻はカボチャなのでちゃんとカボチャにして欲しかった。背景(!?)はナイトメアのバッグの中です(笑)今思えば、サリーも一緒に買えばよかったなぁ。こんなにナイトメアが大好きになったきっかけはDVD。

ハロウィンタウンのジャック。彼は毎年ハロウィンをタウンの住人達と盛り上げ、ハロウィンが終わるとまた翌年のハロウィンの準備にとりかかる…そんな日々にどこか虚しさを感じるジャックは不思議な場所にたどり着く。大木に数々のホリデーの扉。いくつかある扉の中でジャックが手を伸ばしたのはクリスマスツリーを模った扉。その扉こそクリスマスタウンへの入り口だった。そ~っと開いた途端!ジャックは扉の中に吸い込まれ落ちていく…まばゆい光の世界。ジャックの知る世界とは正反対の世界。ジャックは自分が求めていたものはこれなのか!と踊りだす。
クリスマスタウンから戻ったジャックは町民を招集。内容はクリスマスをやっちゃおう!といったもの。プレゼント、トナカイ、ソリ、音楽…住人で準備にとりかかる。町のいたずらっ子、ロック・ショック・バレルの3人はサンタをハロウィンタウンに連れてくるよう命じられる。サンタ服制作を任されたのはジャックに想いを寄せるフィンケルスタイン博士の作った心を持つツギハギだらけの人形サリー。彼女は何か嫌な胸騒ぎを覚える。
イヴ。全ての準備は整った。どうしても嫌な胸騒ぎがするサリーは霧を発生させ出発を阻止しようと試みるが、幽霊犬ゼロの鼻が明かりとなり、心配するサリーをよそにジャックは飛び立ってしまう。サリーは本物サンタに助けを求め走り出す…
クリスマスタウンでは子供達にサンタジャックが次々とプレゼントを配る。ハロウィン感覚のプレゼントなので中身は子供にとって恐ろしいものばかり。クリスマスタウンでは偽者サンタ退治に軍隊が出動。素直に心からクリスマスを楽しみ、喜びと幸せを与えたかったジャック。とうとう軍隊の砲弾で打ち落とされてしまう…そこで初めてジャックは自分にはハロウィン、サンタにはクリスマス。という役割を理解する。
訃報に悲しむハロウィンタウンの人々。
サリーはいたずらっ子のボス、ブギーに本物サンタと一緒に捕らわれてしまっていた。ブギーに処刑されようとする二人。そこへ死んだと思われたジャックが現れる!!

長くなったけど、まぁこんな内容。ラストはディズニー作品なのでもちろんハッピーエンド♪
少しずつ人形を動かしながら撮影していくストップモーション人形劇。私が観たくてDVD買ったんだけど息子もめちゃ気に入って親子でハマってる(笑)
ちょっとミュージカル仕立てになってるから音楽もいい。主人公ジャック・スケリントンの吹き替えを担当しているのは市村正規。篠原涼子の旦那さんです。

原作は「チャーリーとチョコレート工場」「シザーハンズ」「コープスブライド」のティム・バートン。コープスブライドはまだ観てないんだけどDVD欲しいな♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年11月13日 22:32
わっ、これ可愛い♪
これこんな背景付きだと箱から出せないね。
とっても良いな。
私もナイトメアは好きよ~
ジャックの感性で配るプレゼント・・・ああいうシュールさが良いわ。
これ観たらまた観たくなっちゃったな。
美尋。
2006年11月14日 09:09
背景に使ったバッグはこの子のじゃないんよ。ディズニーストアで購入したバッグで時々息子がお友達の家に遊びに行くときにDS入れるのに使ってる(笑)棺桶の形してて個性的なバッグよ♪

この記事へのトラックバック